50代でも肌ケアは大切|基礎化粧品で肌をケアして美しい肌へ変身

目指そう美魔女肌

ベースコスメ

肌に老いを感じたら

美魔女という単語が流行っているように、最近の女性は40代、50代になっても若々しく、美しい女性が目立つようになりました。肌がきれいな女性は実際の年齢よりも若く見られます。50代からの肌年齢の対策に見直しが必要なのは基礎化粧品です。美しい肌は基礎化粧品の改善で生まれます。肌が老けて見える原因はシワ、たるみ、くすみ、クマ、シミなど、年齢を重ねるほど深くなり、これらの問題はすでに40代の頃から深刻化していたのかもしれません。いわゆる老け顏は50代になると40代の頃とは人相の変化が大きく、女性ホルモンが減少する50代には、基礎化粧品の見直しが必要になります。基礎化粧品を見直すことで、肌の老化を少なくさせ、美白、リフトアップ効果など、50代に必要な美容成分を取り入れましょう。

何を選んだらいいのか

まず最初に必要なのは保湿力です。50代の肌の水分保持力は、20代の肌に比べると約半分しかないのです。基礎化粧品を選ぶ時にはまず50代に合った保湿力のあるものを選びましょう。ポイントはセラミドです。水分を保持する細胞間脂質の約50%がセラミドです。セラミドは肌を守る機能と保湿の肌にとっての大切な役割をするものです。セラミドは年齢を重ねると失われていき、50代の肌にはまずセラミドを補うことで肌の若返りを促します。また、肌の弾力を保つためにはビタミンC配合のものがおすすめです。よく耳にするコラーゲン配合のものでは、化粧品の中のコラーゲンは保湿成分ではありますが、肌の弾力を回復させるためにはビタミンC配合のものを選びましょう。