50代でも肌ケアは大切|基礎化粧品で肌をケアして美しい肌へ変身

美しい肌をあきらめない

ベースメイクアイテム

若いころとは違う理由

50代になり、肌の衰えがますます加速してきている、肌が急激に衰える40代でケアを怠ったため大きな悩みを抱えている人が大変多いです。年を取って肌が衰えていく理由は、健康と美容の元になる女性ホルモンであるエストロゲンが減少し肌が不安定になること、新陳代謝の低下により肌が再生していくターンオーバーに時間がかかってしまう、若いころからの紫外線の蓄積などが挙げられます。50代では今まで以上に、身体の衰えによる肌のトラブルを少しでも防ぐための基礎化粧品選びが必要です。つまり、ホルモンの減少で増やすことができなくなったコラーゲンを補って肌のハリや弾力を取り戻してくれるもの、ターンオーバーの働きを助ける保湿成分が摂取できるもの、紫外線によるシミやたるみを消す作用のあるものなどを選ぶと良いのです。50代だからといってあきらめてはいけません。

水分保持と保湿は必須

50代のための基礎化粧品は数多くあります。まず、コラーゲンは肌に直接吸収することは難しいため、コラーゲンの生成を助けてくれるビタミンCが配合された化粧水や美容液を使うと効果があります。ビタミンCには抗酸化作用や美白作用もあるため肌の老化防止には大変有効です。ターンオーバーを促進してくれる保湿力や水分保持は必須です。それには、セラミド成分配合の化粧品が最適です。紫外線によるシミを消すには、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分がよく効きます。これらが含んだ基礎化粧品を使用するだけで大きな効果が期待できます。50代からは敏感肌や乾燥肌の人も多いため、肌にやさしい基礎化粧品を選ぶことも大切です。成分だけにこだわらず、自分の状態を把握して最適なスキンケアを実践することが重要です。

年齢による化粧品選び

笑顔の女の人

女性にとって50代は今後の美しさに影響を及ぼす年となり、ここで踏ん張る必要が出てきます。そのために基礎化粧品の見直しをする、自分の肌に必要な成分が入っている、肌質にあったものを使うことがポイントになります。

More Detail

目指そう美魔女肌

ベースコスメ

50代になると肌のトラブルが深刻化してくるので、基礎化粧品の見直しが必要になります。50代からの基礎化粧品選びに必要なのは保湿力です。保湿成分の高いセラミドや肌の弾力を回復させるビタミンC配合のものを選びましょう。

More Detail

素敵な女性で輝き続ける

肌に触れる女の人

50代くらいになってくると、肌の状態にかなりの個人差が出てきます。毎日きちんとスキンケアを行うことで、年齢を重ねても美肌を保っていくことができるようになるでしょう。そのためにも年齢や自分の肌に合った基礎化粧品を選ぶことが大切です。

More Detail